グッピーコンテスト優勝を目指す男の飼育日記

グッピーjournal

グッピーブリーダーのあれやこれ

ブルーグラスの特徴

f:id:popopoppun:20210307142729p:plain

ブルーグラスの特徴

 1.ブルーグラスの特徴

f:id:popopoppun:20210316173433j:plain

ブルーグラスは国産グッピー「御三家」と呼ばれる品種の一つで、メタリックなボディと青地にスポット模様が入る尾びれが特徴です。

観賞用の国産グッピーとして一番人気がありますが、ブリード面でも奥深く柄物や遺伝子を学ぶ入門品種として最適です。

2.ブルーグラスの歴史

f:id:popopoppun:20210316173521j:plain

 ブルーグラス1985年頃にシンガポール産ネオンタキシードとグラステールの交配によって作出された品種です。

当時のルーツは複数あったとされます。現在では芝目と呼ばれる表現が減り、スポット模様の個体が殆どとなっています。

3.ブルーグラスの遺伝的性質

f:id:popopoppun:20210316175908j:plain
f:id:popopoppun:20210316175657j:plain
f:id:popopoppun:20210316175839j:plain

ブルーグラスの「ブルー」を表す部分は常染色体に位置するブラオ遺伝子の不完全優性によって表現されています。

ブラオ遺伝子はホモの状態で「レッド」ヘテロ状態で「ブルー」、劣性ホモの状態で「ブラオ」となります。

ボディの黒い部分はヘテロモルファと呼ばれ、X染色体に存在します。また、常染色体にゼブリナスと呼ばれる遺伝子を持っており、これは尾筒部の模様を表現しています。

4.ブルーグラスの維持難度

f:id:popopoppun:20210316174913j:plain
f:id:popopoppun:20210316180227j:plain

維持難度:★★★☆☆

ブルーグラスは雌雄共にレッドとブラオに分離します。

レッドかブラオの一種のみとなってしまうとブルーグラスの維持が出来なくなってしまう為、選別は必須のグッピーです。

クオリティーの維持には注意点があるので、代表的なものを次項で紹介します。

4.1ボディの柄

f:id:popopoppun:20210316175035j:plain

ボディの発色には個体差があり、好みで選別が必要です。

例えば、個人的にヘテロモルファが強く表現されるのが好きな為、面積が少なかったり薄い個体は選別対象となります。

4.2尾柄

f:id:popopoppun:20210316180603j:plain

青系グッピーでの黄色い発色は非常に大きなマイナス要素となります。

尾びれの一部が黄色くなってしまう個体もいますが、尾の付け根の黄色い発色には注意が必要です。

スポット模様は細かく均等に入った個体が好ましいです。雌を選ぶ際は尾びれだけではなく背びれの柄にも気を付けましょう。

5.ブルーグラスの創作難度

f:id:popopoppun:20210316181801j:plain

創作難度:★★★★☆

ブルーグラスは品種として確立されているため、基本的には系統の違うブルーグラス同士でクオリティアップを図ります。

ブルーグラスは柄物の中では系統も多いですが、品種としての難易度は比較的高く、コンテストクラスの尾びれや柄を目指すのは容易ではありません。

海外から入ってくる系統は表現が安定しており維持は簡単ですが、ショースタンダートからは外れるものとなります。

6.ブルーグラスのバリエーション

 

ブルーグラスのバリエーションは流通こそ多くありませんが、様々な表現型が作出されリリースされています。

これらのヒレや体色が変化する遺伝子は主に常染色体に位置しており、Y染色体の遺伝子を用いているものも存在します。

次項ではバリエーションを一部紹介します。

6-1.RREAブルーグラス

RREAのブルーグラスは透き通ったボディに淡くなったブルの尾びれが美しい品種です。

意外にも流通量は少なく、尾柄を入れるのは簡単ではありません。

6-2.ブルーグラスリボン

ブルーグラスリボンは美しさに磨きがかかり、更に鑑賞価値が高い品種です。ブルーグラスは背びれが大きくなりやすく、背びれが伸長するリボンとの相性も悪くありません。

6-3.ブルーグラスハイドーサル

f:id:popopoppun:20210316180730j:plain

 ブルーグラス背びれが大きくなりやすく、海外から入ってきたハイドーサル系との相性は抜群です。

海外由来の系統は独特の色彩と非常に細かなドットが特徴であり、その影響を受けている国産系統も少なくありません。

6-4.パープルグラス

色調を紫に寄せた品種は他にもラベンダーバイオレットなどが存在します。ブラオ遺伝子に依存しない青としてはガラスのブルーグラスが有名です。(掲載外のバリエーションにはスワローやラズリー、シルバーなどが存在します。コブラ系は省略。)

7.ブルーグラスの入手難度

入手難度:★☆☆☆☆
ブルーグラスは国産グッピー屈指の流通量を誇り、全国どこでも入手が可能です。アクアショップで購入できますが、ブリードやコンテストを目指す方はグッピーコンテスト現地での直売や専門店を頼ると良いでしょう。

8.終わりに

第二弾はブルーグラスの紹介とさせていただきました。
ブルーグラスアクアリウムとしての需要ではドイツイエロータキシードをも越え、柄物の代表種としてブリードにも挑戦しやすい品種です。

この記事がブルーグラスの飼育やブリードを検討している方のお力になれたら幸いです。

本サイトでは管理人のブリード記録や写真などを掲載しています。今後も様々な品種を紹介していきますので、興味があったら是非また遊びに来てください。