グッピーコンテスト優勝を目指す男の飼育日記

グッピーjournal

グッピーブリーダーのあれやこれや

全ては追いきれないや

せっかく継続してるので書く!

 

最近は慢性的な水槽不足に悩まされています。

恐らくそういう人は多いでしょう。

 

家では、1系統のみで圧倒的に数を占めてるのは間違いなくサンセット。10数本使っていますが、得られるサンセットは一握りで効率的にも悪いです。

そのサンセット自体も良い個体が全然出ない。

これは流石に別系統と差し替えて繋ぐ方針に切り替えた方が良いのかもしれません。

 

勿論、家ではドイツイエローが一番多いのですが、これはバリエーションや系統が多いことに起因します。

バリエーションは思いつくだけでもビッグドーサル、リボン、スワロー、RREA、ルチノー、サンセット…。

 

グラスコブラ系も多いです。

通常のグラスコブラ意外にもバリエーションを持たせよう思って、アクアマリンやメタル、シルバーボディをやっていますが系統数がかさみます。

更に作ったグラスのリボンをこれらの品種に入れようと思ってしまうと…。

つまり既存の系統だけでなく、作出の為に別系統や品種とクロスすることで更に必要本数は増えていきますよね。

 

また最近はクオリティアップの為に1水槽の収容数を減らしたり、1系統に割く水槽を多くしたりしています。それに加えて複数の雌から採るので水槽が足りるはずがありません。 

 

であれば、水槽を増やすか系統を減らすしかないのですが、結局諦める事はできずに過密飼育になってしまうという…。

つまり、良い個体を作ろうとして仔を採りすぎると、キャパを圧迫されて逆に良い個体は作れなくなってしまうんですね。

 

家ではこれ以上水槽を増やす事は出来ないので、このパラドックスを解決するには魚側を削るしかないという事は分かっているんです。

分かっているけども!!!

ブリーダーさんならこの気持ち分かってくれますよね???