グッピーコンテスト優勝を目指す男の飼育日記

グッピーjournal

グッピーブリーダーのあれやこれや

ホワイトウイングでGo!

お久しぶりです。

相も変わらずサボっておりました。

皆さま、ホワイトウイングというものをご存知でしょうか?

サンセットかも?のような名義で流通しているのをちょこちょこ見かけますが、勿論サンセットとホワイトウイングは別物です。

 

今現在、家にはホワイトウイングに近い個体が出る系統が2つあります。

f:id:popopoppun:20190207080044j:image

まずはこの系統。雌の当たりが良かったのか程度の差こそあれ多くの個体の胸鰭が若干染まりました。

サンセットドイツの場合は全体が染まりますが、これは部分的に白が載ってる感じです。

胸鰭の一番上側の条が白くなる系統?個体?は比較的見かけると思います。

f:id:popopoppun:20190207080500j:image

この系統がもう一つの系統と違う点は、このようにプラチナ、いやソリッドの方が近いでしょうか。のような個体が低確率で出現する点です。

某徳島さんもこのような個体からホワイトウイングの系統を作り上げたようで、何か関係しているのかもしれません。

f:id:popopoppun:20190207080447j:image

ちなみに、前期親に使った個体の体色はごく普通です。

種親2匹から2腹ずつ採って計4腹。

内3匹程度の出現。となるとプラチナは勿論、確率的にソリッドでもなさそうです。

f:id:popopoppun:20190207080455j:image

完全には染まりません。

意図的にホワイトウイングを狙っていたわけではないので仕方ないと思います。

サンセットのようにとりあえず全体が染まるという感じではなく、選別して染まる部分を増やしていく感じが良いのかもしれません。

 

f:id:popopoppun:20190207081031j:image

同胎雌。沢山います。親はまだ選んでいません。

普通体色の雄からも変な体色だったり、ホワイトウイングが出る点から雌にヒントがあるのでは?と思いましたが分かりません。

 

ポイントというか着眼点はいくつかあります。

例としてこのリボン雌をご覧ください。

f:id:popopoppun:20190207081503j:image

まずは肩から背中にかけたピカピカ具合。
f:id:popopoppun:20190207081507j:image

そして、背ビレから尾ビレにかけたピカピカ具合。

 

同胎雌でもここら辺に差が出てくれれば良いのですが、小さいからか余り差は感じられません。

それに、ピカピカの雄が増えた所でホワイトウイングにならなければ意味がありませんし、プラチナやソリッドの下位互換です。

 

f:id:popopoppun:20190207082040j:image

次はこの系統。複数の雄雌からかなりの数採りましたが、全体的に染まる傾向がありました。

f:id:popopoppun:20190207082327j:image

リボンなので完全に染まれば見栄えが良いですが…

沢山採ったので、これくらいの微妙な染まり個体なら割と沢山います。

前期の種親の画像を漁って見ましたが、雌の肩の発色は微妙にある気がしました。

こちらは先程のようにピカピカの雄は一切出ませんが、ノーマル雄でも胸鰭が伸長する(俗に言うガルウィング形状)個体がいました。

この系統はそれ以前に重大な弱点があるので、そこを突き詰めていく余裕はないと思います。

今回で雌を親戚の系統と差し替えるので、その段階で消失してしまうかもしれません。

一応同胎も採っては起きますが…

 

現実的なのは最初の系統で、

染まりの良い普通体色の雄×なんらかの特徴のある雌

ピカピカな雄×なんらかの特徴のある雌

と言った所でしょうか。あまり水槽に余裕がありませんが、気が向いたら掛けてみます。

 

f:id:popopoppun:20190207083355j:image

某方からの助言。僕のよう分からん文章より参考になると思います。

メラニンと言えば、胸鰭に白だけでなく黒がのる個体もいました。完全に黒く出来たのであればブラックウイング?(かっこいい…)

 

今回はそんなところです。